神棚の基礎知識

神棚をまつる場所

神棚は、家庭や会社の反映と安全を祈る精神的中心となる神聖なところです。


その場所は最も清浄であり、明るく静かな高いところがよ良いとされており、お供えをしたり、おまいりやすい場所でなくてはなりません。


家庭であれば家族が一日の中で主に集まる部屋に、会社であれば主となる部屋が、神々に見守られる望ましい所と思われます。一般的には、部屋の上部に吊ったり棚を設けますが、壁に釘が打てない場合は、書棚などの家具の上に台を設け、その上に置いても構いません。また、神棚の下は、頻繁に人が通る所を避け、真上(階上)は、廊下やトイレにならないようにしましょう。


ただし、アパートやマンションの場合は、一戸が独立した家屋と考えてください。それでも上の階が気になる時は、神棚の上に「雲」「天」「空」など墨書して貼ることあります。


神棚をまつる方角は、神棚から見て南向きか東向き、あるいは、東南向きが最も良いとされています。これは、お鎮まり戴いた神さまに、一日が始まる清々しい朝日や、さんさんと降り注ぐ日中の太陽など、万物を成育させる「陽の光」が充分にあたるようにするためです。しかし、適当な場所がない場合は方角にこだわらず、その部屋の静かな高い場所におまつりすることが大切です。


このページの上部へ