神棚の基礎知識

お神札の意味

神札(おふだ)は、(私たちがお供え物として)謹んでおまつりをし、誠を尽くす対象としての、尊い神さまを仰ぎまつる御璽(みしるし)です。


一般の神社の神札とは別に、伊勢の神宮の神札を「神宮大麻」(じんぐうたいま)と申し上げます。この神宮大麻は、鎌倉時代から明治以前までは『オハライ大麻』(あるいは単に「御祓」(おはらい))とも呼ばれ、主に人々の罪穢(つみけがれ)を祓う(はらう)ための御祈祷神札(ごきとうふだ)の意味合いがありました。この「御祓」の神札を納めて置く棚を、神棚と言うようになりました。


のちに、全国の諸社でもその神社の神札をお頒(わか)ちするようになり、伊勢の「御祓」と一緒に神棚にまつられうようになりました。従って、伊勢の神宮の「御祓大麻」(おはらいたいま)が神札の起源の一つと言えます。


現在の神宮大麻は、「天照皇大神宮」の文字に「皇大神宮御璽」と「大宮司」の印が押され、明治以前の『オハライさん』としての性格と共に、皇大神宮の広大な御神徳(ごしんとく)を仰ぐための大御璽(おおみしるし)であることがうかがえます。 このように神宮大麻や、各神社の神札を神棚におまつりすることにより、その神さまを実際に参拝する気持ちで、朝夕拝することが出来るのです。


神棚には、氏神さまの神札と共に伊勢の「神宮大麻」を必ずおまつりいたしましょう


このページの上部へ