神棚の基礎知識

神棚に必要な祭器具

神棚をまつる場所が決まったら、以下の祭器具を神具店などで求め用意します。


   1:宮形(みやがた)(神札を納める所)
   2:棚板(たないた)(宮形をのせる棚)
   3:御神鏡(ごしんきょう)
   4:榊(さかき)立て一対(榊・松・オンコなどの常緑樹を供えるものです)
      ※榊は常に青々を茂っていることが大切です。樹木の持つ生命感があってこそ、
            神の宿る場所としてふさわしいのです。
   5:神灯(しんとう)一対(神前を常に明るくするためのものです)
      ※ローソク立てや、電灯式のものがあります。
   6:平瓮(ひらか)・高坏(たかつき)(米や塩などを盛るための器です)
   7:水器(すいき)(水を入れるための器です)
   8:瓶子(へいし)一対(御神酒を入れるための器です)
   9:注連縄(しめなわ)
  10:紙垂(しで)(四枚垂らします)
  11:幕(まく)
  12:御簾(みす)
  13:真榊(まさかき)一対(五色の絹に、御鏡(みかがみ)と勾玉(まがたま)を向かって右、
           剣(つるぎ)を左に付けます)


神棚にあった大きさのものを選ぶように注意しましょう。


このページの上部へ