神棚の基礎知識

神棚のお供物について

神棚には、その家や会社・工場などをお護りくださる神札をおまつりしているのですから、毎朝欠かさず心をこめて、一日の平安をお祈りしましょう。


毎朝、家では食事の前に、会社に於いては仕事の前に、手を洗い口をすすいで身も心も清め、まずはお供物(神饌(しんせん))を整えます。神棚には少なくとも、米(生米、洗米、ご飯)・塩・水の三品をお供えし、榊立ての水を取り替え、神灯(しんとう)(ローソク・灯籠(とうろう))などがある場合は、それを灯(とも)しておまいりします。


お正月や毎月一日・十五日、家族や会社の記念日などには、このほかに御神酒(おみき)・鏡餅・魚・海菜(昆布など)・野菜・果物・菓子などもお供えすると良いでしょう。


神饌にはおさがりとして家庭や職場で頂きます。また、季節の初物や戴き物なども、一度お供えしてから頂くと良いでしょう。


このページの上部へ