神棚の基礎知識

お正月を迎える準備

神棚をおまいりする際に一番大切なことは、常に清浄でなければならないことです。そのためには、毎年正月に神札(おふだ)や注連縄(しめなわ)を新しくする必要があります。これは清浄を第一とすると共に、正月に若返られた神霊(しんれい)のご加護を願う伝統的信仰と言えます。


神札は暮れのうちに神社からお受けするか、新年のおまいりの折にお受けします。(ただし、暮れや正月以外でも、神札はいつでも受けることが出来ます)神札を年内にお受けした場合は、年末の吉日を選んで神棚を掃除してから納め、注連縄も新しく張り替えると良いでしょう。


注連縄は、神聖な場所と他を区別する縄で、神棚や玄関などに張ります。紙垂(しで)(四枚)を垂らすのは神聖な場所であることを示すものです。注連縄には形によって様々な種類(牛蒡注連(ごぼうじめ)、皷胴注連(つつみどうじめ)など)があり、張り方も全国各地によって違いますが、太い方を向かって右にするのが一般的です。神棚の注連縄は一年を通して張っておきます。


また、お正月に家々に迎えまつる歳徳神(としとくしん)(歳神(としがみ)さま、お正月さまなどとも呼ばれます)は、新しい歳の穀物の稔りを約束して下さる神さま、私たちの生命を与えて下さる神さまであり、いつも私たちを見守って下さる尊い神さまと申し上げて良いでしょう。


多くは年棚(としだな)・恵方棚(えほうだな)などと呼ぶ棚を作っておまつりしますが、床の間におまつりする場合もあります。最近では、神棚の下に垂らしておまつりする家が多くなってきているようです。


歳徳神は神社により様々な違いがあり、また、頒布(はんぷ)していない神社もありますので、氏神さまの神社に聞いてみるのが良いでしょう。



このページの上部へ