よくある質問

神棚のまつり方、お神札の納め方、今さら聞けない神棚にまつわるアレコレを、 ここでしっかり
おさらいしましょう。

なぜ、家の中に神棚をまつるのですか?


日本の家では古くから台所や井戸、玄関、そして大黒柱などに注連縄(しめなわ)を張り、神様が宿る神聖な場所として、日々感謝し大切にしてきた歴史があります。家の中に神棚をまつるのもこれと同じこと。神棚の前で手を合わせ祈りを捧げることで、祖先を敬い日々に感謝する心を育む、日本ならではのよい習わしではないでしょうか。

神棚をまつる場所は家の中のどこ?


神棚をまつるのは、“清浄で、明るく、高い場所”がよいとされています。
また、お供えやお参りがしやすいことも大切な条件。普段、あまり使わない部屋よりも、リビングなど家族が集まる場所におまつりするのがよいでしょう。ただし、頻繁に人が出入りするドアや障子の上などはふさわしくありません。


一戸建ての場合、廊下やトイレが真上にくる場所も避けるように。向きは、清々しい朝日や日中の陽射しがあたる東向きや南向き、東南向きがよいでしょう。

神棚に納めるお神札(ふだ)の種類と納め方は?


お神札は神棚の造りによって納め方が異なります。


<扉が3つある三社造りの場合>
中央の扉に、「天照皇大神宮」の文字が書かれた伊勢神宮のお神札(神宮大麻と呼ばれる)をまつり、向かって右に氏神神社のお神札、左にその他の崇敬する神社のお神札をまつります。


<扉が1つの一社造りの場合>
「天照皇大神宮」のお神札を一番手前にして、氏神神社、その他の崇敬する神社のお神札を重ねてまつります。

神棚にいろいろなお神札を納めても大丈夫?


様々な神社で受けたお札を同じ神棚に納めても、神様同士が喧嘩をすることはありません。
一緒におまつりしても大丈夫です。

ただし、旅先などで受けたお神札は、三社造りの場合は左の扉に、一社造りの場合は氏神神社の後ろに重ねてまつります。 また、初宮詣などで神社から戴いた「御祈祷神札」も神棚におまつりしましょう。

神棚に決まった形はありますか?


神社を模して造られた昔ながらの屋根宮式と、現代の住空間に合わせて造られた箱宮式がありますが、最近では共同住宅向けの簡易型のものもあり、コレと決められた形はありません。

大切なのはお神札を大切にする心であって、器の形は問いません。

神棚をまつるのに必要なものは?


お神札を納める「宮形」やそれをのせる「棚板」「御神鏡」「榊立て」「神灯」「神幕」「御簾」など、神棚をおまつりするための祭器具には様々なものがあります。

一般家庭で神棚をおまつりする場合は、①「榊立て」一対と、②米や塩を盛るための「土器」、③水を入れる「水器」、④ローソクを立てる「神灯」一対を用意しましょう。

お供えやお参りの作法を教えてください。


困ったときの神頼みではなく、神棚は毎朝欠かさずおまいりしたいもの。
「米・塩・水」の三品をお供えし、榊立ての水を取り替え、神灯をともしてお参りします。
お参りの作法は神社と同じ「二拝二拍手一拝」です。


(1)神前に軽く一礼し、左足から1歩進みます。
(2)深々と90度に身体を折って頭を下げます。2回繰り返します。(二拝 )
(3)両手を胸の高さであわせ、右手を少し引いて2度拍手を打ちます。(二拍手)
(4)両手を合わせて祈ります。
(5)手をおろし再び深々と1回頭を下げます。(一拝)
(6)右足から1歩下がり、軽く一礼して神棚の前から下がります。

お神札は毎年取り替える必要はありますか?


お神札は一年に一度、お正月を迎える前に新しく取り替えます。
お神札を取り替えることで、生命が新たに生まれ変わるという日本古来の「産霊の信仰」によるものです。

神社では古いお神札やお守り、注連飾りを清めて焚き上げる「古神札焼納祭(どんど焼き)」を行っているので、日程を確認して納めましょう。遠方の神社から受けたお神札は地元の神社でも大丈夫です。

神棚の取り付け方法は?


神棚の取り付け方法には、壁に直付する場合と、壁に埋め込む場合があります。
くわしくは、「KAMIDANA取り付け方法(PDF)」をダウンロードしてご覧ください。

このページの上部へ